FC2ブログ

猫背つづき

自分の体を変えるということは とにかく負担がかかるものだと思ってます。

太ったり痩せたりの繰り返しも体が落ち着かないですし、痛めたり治ったりも 繰り返していると以前話しました警戒レベルが下がりません。
とにかく不安定な所にいるのが一番よくないと思います。

ですので、痩せようと決心したら最後までやり切る!痛いのを治そうと思ったらとことん治す。
そして、いい状態まで行ったらそれを死ぬまでキープさせる。(自分の体をきちんと管理する)それくらいの気持ちを持って取り組んでほしいです。(それが難しのですが・・・。)


では、猫背を変えるにはでしたね。 むなかたコーチ的に猫背は呼吸が大半を占めていると考えています。
まず一つ目は、タオルを細長くして背中に敷きます。(上向きで寝ます)そしてしばらくキープ!だんだん呼吸がしずらくなるので、不快感を持ったらすぐ止めます。(頑張らないで下さい。)落ち着いたらまた同じようにやり、数回繰り返します。(とにかく無理しないで下さい。) 20秒位でも 不快感が出たら止めます。 それを毎日繰り返していくうち 1分 2分
と時間が伸びていきます。

CIMG5371.jpg


二つ目は、ややハードですが運動しながら直していきたいです。まず有酸素運動をします 20分でも30分でも行った後休むのですが、休んでる間が重要です。
運動して弱い人は 背中を丸めて呼吸するのに対し、強い人は胸を張った状態で呼吸します。すると肋骨全体が可動するので、いっぱい酸素を取り込めます。ですので休んでる時は常に正しい姿勢で呼吸を整えましょう。
(休んでる間筋肉が修正されるので、その時を狙って正しい姿勢を取ります)

CIMG5369.jpg


猫背の方は胸の肋間筋をつぶしているので、運動しながら胸を張り 胸で呼吸出来るように癖ずけをしていかなければなりません。

CIMG5368.jpg


三つ目は、肩が内に入っているので(猫背の方)腕を外に出すトレーニングをします。つまり背中の筋肉を鍛えることになります。

CIMG5370.jpg


なんでもそうですが、一気にやってはいけません。少しずつ 少しずつです。急激な変化は体を傷つけますので。
          今日はここまでにします。
 


つい思ったことですが・・・。

変化というと四季を思い出します。季節は 春 夏 秋 冬とありますが、季節が一番不安定な時期 春、秋など 亡くなる方が多いと言われます。(夏、冬でも急に暑くなったり寒くなったりで不安定な時は危ないですが・・・。)
人の体は安定した状態が一番長生き出来るように思います。
季節の変化とは、苦しんで なかなか行けない方を連れてっていただける為にあるのかな・・・。 と思う時があります。

CIMG5372.jpg


むなかたコーチは皆様の体の安定を目指し、日々努力をしていきたいと思うのです。

にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします


スポンサーサイト



猫背つづき

猫背だけでなく人それぞれの姿勢というものがあります。その姿勢は、今現在一番楽な状態(ベストな形)を作っています。 何が楽かというと、ズバリ呼吸です。姿勢は自分が一番筋肉に負荷が かかってない状態を探し出し、安定をかけ(体は変化を嫌います)呼吸をします。(楽な姿勢で)

CIMG5364.jpg


結局 猫背を治したければ、胸を張った状態にして呼吸が楽になればいいのですが、猫背が一番楽だ と理解した体は やすやすと変わりません。もし変えようとすると 胸を張った状態でバランスを取らなければならないので、そこにたどり着く間(変化している間)バランスが崩れます。(その時ギクッとやるかも・・・。) 何かを変えようとすると必ずリスクを負うことになるので注意しましょう。

余談ですが一か月で10㎏痩せるなど急激な変化は、むなかたコーチ的にはアウトです。




まず呼吸は胸でしましょう。胸には肺があります。そこを膨らませたり 縮めたりすることで呼吸が出来るので、意識は胸です。


CIMG5363.jpg


その肺を動かすには、肺が勝手に膨らんだりするのでなく それを包み込んでいる肋骨になります。ですので肋骨が広がれば 肺に空気が入り、肋骨が縮まれば空気が出ます。更にその肋骨を動かしているのが 肋骨と肋骨の間にある筋肉です。

CIMG5362.jpg

もちろんそれ以外にも胸の筋肉や腹筋など いろいろ筋肉が働いて肋骨を動かしているので、胸で呼吸出来ない方は 呼吸に関係している筋肉が衰えていると考えられます。


では猫背の方の 呼吸の仕方はどうでしょうか?多分背中で呼吸をしている可能性があります。

CIMG5365.jpg


寝る時など 上向きで寝ると、背中で呼吸をしている方は潰されるのでついつい うつ伏せか横向きになるはずです。
(それが楽だから)

CIMG5366.jpg

あと猫背の方は、肩が内に入るので(胸の筋肉が張るため)肩甲骨と肩甲骨の間が離れます。

CIMG5367.jpg


猫背になる理由が なんとなく分かって来たと思います。  


次回はむなかたコーチの考えている治し方について書こうと思います。 

(もちろん科学的な証明はありません)

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします






  

猫背について

猫背を治したい方は結構いらっしゃると思いますが ただ胸を張ればいいという問題ではありません。胸を張って力を入れてもただきついだけで すぐ猫背に戻ってしまいます。
猫背を治すには一か所意識させるだけでは足りません。 四つ五つ正さなければならない所があると むなかたコーチは感じています。

四つも五つも意識なんて出来ないよ~ っと思われるかもしれませんが、猫背を治すのは それほど難しいことなのです( スポーツでも自分の悪い癖を治すのって大変ですもんね )

まず重要なのは腰だと思います。坐骨が前に行くと膝が曲がり、背中が後ろに行き(猫背)がに股になります。

CIMG5358.jpg


逆に坐骨が後ろに行くと 内股になり、腰が反る形になります。(腰が反りすぎると痛みの原因になります。)

CIMG5359.jpg


つまり坐骨が前に行くと足が開き、坐骨が後ろに行くと足が閉じます。

CIMG5360.jpg


ですので腰は前でも後ろでもなく 足を真下に下せる位置で安定させます。

CIMG5357.jpg

とにかく がに股も内股も膝が曲がりやすくなるので、膝はしっかり伸ばしましょう。
そして足の角度は 真っ直ぐ前でなく 60°位でキープです。(ん~微妙ですがもっと狭くてもいいかな・・・。)
なぜかというと 真っ直ぐより少し開いていた方が、拇指側で地面を蹴れるからです。(歩く時は拇指側で最後蹴ります)

次は頭ですね。猫背の方は頭が前に行き下を向きながら歩く方が多いです。(視野が狭くなります)そして頭が前に行くと 肩が勝手に上がっていきます。

CIMG5356.jpg

一番いいのは、体の上にしっかり頭を乗せ 首を伸ばし 肩を下げ 一歩引いた感じで目線を上に向けると、視野が広くなります。これだけで胸が広がり、猫背ではなくなります。


CIMG5361.jpg

総合すると、これだけ意識させなければいけません。・・・・・あれ・・・・四つ五つどころじゃなくなりましたね・・・・。
猫背になるのは体 全体に理由があります。猫背を治すには 猫背にさせない体作りをさせなければ治りません。

あと猫背の原因には、 内蔵を守ろうとして体が勝手にまるまる場合も考えなければならないので、内蔵が弱っているでは・・っということも頭に入れておくと今後の対策になります。

あともう一個あるので、これはまた次で


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします






プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
むなかたコーチの日常や出来事、整体師としての考えを紹介しています。
もしかしたら皆さんにお役に立てる内容が書いてあるかも・・・(´▽`)
日々精進していくむなかたコーチを軽い気持ちでご覧下さい(*‘∀‘)

(整体の記事はむなかたコーチの個人的な考えなので科学的に証明されたものではありません)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR