FC2ブログ

腕の振り

プールでの歩行で前は姿勢をやって行きました。 今度は腕についてお話しします。

まずは肩の位置ですが腕を振る起点となるため、とても重要です。姿勢は前に話した通りですが、基本として胸をしっかり張りましょう。肩甲骨と肩甲骨が近づけた状態を作り、そのまま肩を下げます。すると自然に首が伸びていくのが分かります。ここで注意ですが、頭の後ろから伸びるようにする事が大切です。

CIMG5981.jpg

肩を下げる時に使うのが胸の筋肉です。因みに肩こりのある方は肩全体を引っ張り上げ、胸の筋肉を使っていません・・・。なので肩を軸として腕を動かすため、肩が固定する役目となり(固まる)肩こりが発生します。(肩はそのような役割ではない) とにかく腕を使う時は胸の筋肉を使ってください。

胸の筋肉を使うと自然と脇が締まります、よくコーチが 「脇が甘い!!」 と注意しているのを見かけますが、脇が甘い方のほとんどが肩に力が入っています・・・。(胸の筋肉を使わずに肩の筋肉を使っているとパホーマンスが落ちる)

CIMG5979.jpg

肩の位置が分かった所で次は腕にいきます。 
まず肘を約90°に曲げ、手首の力を抜きます。そして肩を中心に前後に振るのですが後ろに引く事だけを意識して下さい、肘を後ろに引く事で腕は勝手に前にもいきます。年を取ると後ろ側の筋肉がなくなってくるので肘を後ろに引く時だけ力を入れましょう。(逆に前に振る時は力を入れない) 

意識する所を増やすと脳が(運動神経)パニックをおこしバラバラな動きになります。(習いたての人がうまく体を動かせないのと一緒) 運動能力の高い方は反復運動により意識しなくても正しい動きが出きるので、動作を10意識している人がいるとしたら3くらいの意識だけですみます。(意識が少ない分、集中しやすくなる)
とにかく腕は引くだけを意識して下さい。欲を言えばこれを意識しないで出来ると他の所に意識をまわせるので、物にしてほしいところです。

CIMG5980.jpg

注意として、腕を後ろに引きすぎると体が前にいきやすくなります・・・ここは体幹の力を使って前傾にならないよう踏ん張りましょう。細かい所はまだあるのですが、ぼちぼちお話しします。
にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
スポンサーサイト



固まる・・止まれない・・

人は年を取るとだんだん一つの事しか出来なくなるようです。 そして、その一つの命令が出されるとそれを解除するのに時間が掛かります。 つまり切り替えが難しくなるのです・・・。

車を運転していてよくあることですが、お年寄りの飛び出しで車が接近しているのが分かりながらも吸い寄せられるように車の前に現れます・・・しかもこちらと目があいながら渡って来るので運転する方としては止まってくれるのかな・・・?と、つい考えしまうのですが結局渡ってくるので危険です・・・。

CIMG5973.jpg

一度道路を渡ろうと頭にインプットしてしまうと、その動作のみに集中してしまうので不測の事態が起こった時に対処できません・・・。 なので、止まらなければいけないなー・・・と思いながらも動きの切り替えが出来ず進んでしまいます。(体の反応が遅れる) しかも歩く時の重心が前にあるので、急には止まれず2、3歩かかってやっと止まれるといった感じです・・・。

車は急に止まれない! と言いますが、お年寄りも急には止まれない! と言う事です・・・Σ(・ω・ノ)ノ! (動きを止める筋力の低下もある) 
車を運転する方は、そう思いながらハンドルを握った方がいいでしょう。

CIMG5976.jpg

また、転ぶときは手をついて回避する事が出来ず固まったまま顔から倒れます・・・。これは衝撃に備えて体を固まらせる事を優先としているので、手を出して受け身を取るという行動は神経の使い方としては高度です。(固まる方が簡単)
なので、衝撃に備えるプラスよける(回避する)という二つの事を年を取った時に行うのは大変難しい事になります。

(他の例として) ボールが飛んで来た時、ガードしたりよけたり出来ずに固まったままボールをもらい、周りから見たらなんで避けないのだろう・・・と疑問に思う事もあります・・・。

CIMG5975.jpg

むなかたコーチの体験として、目の前で後ろに倒れる方を見ましたが、まるでタンスが倒れたんじゃないかと思うくらい固まったまま ダーン!! と倒れたのを思い出します・・・。(幸いケガはありませんでした)

CIMG5974.jpg

年を取ってからのけがは、それをきっかけに悪い方悪い方へと人生が変わります・・・。(確率として) 
日頃から体を動かしてもしもの時に反応できるよう備えて行くしかありません。(運動は普段やらない動きを取り入れてやるともしもの時の反応が良いです)
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

たけのこ

たけのこの季節になりました。 たけのこというと震災の時を思い出します・・・。
プールのコーチをしていた時、毎年この季節になるとたけのこを掘って皆さんに配られる会員さんがいました。(土地持ちの方) 

当時、震災の年だったので放射線の問題があり今年はたけのこを配るかどうか迷っていました・・・。 (それでもほしいという方がいたので結局たけのこを持ってきてくれた)

CIMG5971.jpg

むなかたコーチも毎年頂いていて、いつも実家に持って帰っています。 両親に今年はいらないと言われると困るので聞いてみようと思いました。(たけのこが放射線にやられているかもしれない) しかし、長年父と生活を共にして分かるのですが「今さら関係ねー」と言いうだろうな・・・と予想は出来ました。 
何故かというと父の年代は、たちしょん(立小便)があたりまえの世界だったので、父はよく家の庭で用を足していました・・・。(今でも時々・・・)さすがに今では問題があるので、母が目を光らせて怒ったりするのですが、前に話したとおり身内の注意は聞き入れません・・・。 しかも用を足している所にはしそが生えていて、時期になるとよく天ぷらにして食べているのです・・・。 

CIMG5972.jpg

父、個人の栄養がつまった(ここでは栄尿とする)しそを食べるくらいなので、(むなかたコーチは精神的に食べられない)放射線などかわいいものでしょう・・・。 案の定「今さら関係ねー!」と父は言うのでその年もたけのこを頂き、持って帰りました。

他の会員さんも結局喜んで持って帰りました・・・。

CIMG5969.jpg

たけのこには寛大な方が多く、「そんなの(放射線)気にしてたら生きていけないわよ!」と心強い言葉が飛び交っていたのですが、ふと隣にある自動販売機を見て・・・「あら・・・この自動販売機水があるじゃない!!」と騒ぎ出します・・・。すると、私も!私も!と皆さん水を購入していき、自動販売機の水は売り切れてしまいました・・・。

「今じゃどこも水なんて売っていないのよー!」と言いながら帰って行くのです。

CIMG5970.jpg

たけのこは良くて水はダメなのか・・・

どんな理屈か理解できないむなかたコーチであったのですが、人間理由をつければ黒を白と思いこむことが出来るものなんだな・・・と勉強させて頂きました・・・。(たけのこオッケーなら水も気にするなよー!と突っ込みたいところですが会員さんの意思を尊重し見守らせて頂きました)
たけのこのおいしさと放射線と水を天秤にかけ、(どうしても食べたい)たけのこを取った奥様方の食欲はあっぱれだと思うむなかたコーチでした。

注、 小さいお孫さんの為に水を購入したのかと思いましたが、旦那さんと二人暮らしの方ばかりです・・・。
にほんブログ村 健康ブログ 自己流健康法へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

眉のしわだけで・・・

眉にしわを寄せるだけでも歩き方に障害が出ます・・・言いすぎかと思うかもしれませんが、一つのほころびから連鎖して大きな問題へと発展していくのです。
では眉にしわを寄せるとどうなるのでしょう? まず目の視野が狭くなります。そして目を正面に保てなくなるので、顎を上げる事になるでしょう。 すると眉にしわを寄せても目の位置が楽にたもてます。 

CIMG5966.jpg

今度は頭(目線)を正面に合わせるため顎を前に突き出します・・・。

CIMG5965.jpg

顎が上がった時点で頭が前に出るようになるので、顎を突き出した歩き方になります・・・。 しかも頭が前に出る分、背中が後ろにいくので猫背が発生します。 腰の位置もそれに従い後方に取り残され、つんのめった状態になるのです・・・。

CIMG5967.jpg

つんのめった歩き方だと足を滑らす事になるので、今度は溺れないよう手が前に出ます。
よく 「早く歩くのにはどうしたらいいのですか?」 と聞かれるのですが、歩きの遅い方は早く進もうと上半身だけが先走り、足が地面を捉えきれずツルツルと滑らせます・・・。 
とにかく、早く進めない方は進まない事をやっているのです。(整体でもそうですが、悪くなる方は悪くなる事を必ずやっています) 

CIMG5968.jpg

この様に、人間の体は連鎖を起こして今の動きを形作っています。 なので、分かる人が見たら頭を見ただけで・・・それどころか眉を見ただけでその人がどのような動きをしているか予想できるのです。 

むなかたコーチは、見えない下半身の動きや遠くにいる人たちの歩き方など体の一部を見ただけで分かるので、プールでは嫌なコーチだったでしょう。(むなかたコーチは恐れられていた・・・)

人間の動きや形は必ず楽な方を選ぶので、顎が上がったらここに負担が出き、それに対してこうすれば楽になるなど体の変化の仕方は(対処)皆一緒になのです。
にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

筋肉のコントロール

水中歩行のコーチをしていた時、細かいようですが顔を注意します。 勿論、酸いも甘いも知りつくしたおばさま達なので容姿を変えられないのは重々承知の上ですが、ほとんどの方は眉間にしわを寄せて歩くのです。(年を取ると眉間に力が入りやすくなるのか・・・?)
それほどきつい運動をさせているわけではないのですが、ただ歩くだけで余計な所に力が入り眉間にまで影響がでるようです・・・。

CIMG5963.jpg

「これ以上しわを増やさないで下さいねー」 と注意するのですが癖はなかなか治るものではありません・・・。 顔に力が入る理由としてリラックス出来ていない事が上げられますが、老化による神経系統の問題があるような気がします。(むなかたコーチ的に) 
この老化による神経系の問題は、力を抜くことが難しくなくなるようで、物を持つ時に10の力で持てるところ20の力で持とうとします・・・。つまり、力のコントロールに異常ができ、力が抜けない代わりに力が入りすぎるという問題が出てきます。 

老化のはじめとして、今まで70の力を入れてから一気に10の力まで落とすのに0.3秒かかったとします。しかし年を取ると10まで落とすのに1秒かかるなど明らかに筋肉の反応が鈍ります・・・。 

CIMG5962.jpg

運動は筋肉のコントロールも目的としているので意識して体を動かさなければ意味が半減します。(質のいい運動をする!) プールでは 「みなさーん、体が固いですよー(力を入れすぎ)リラックスして下さーい、固くなるのはお迎えが来てからいくらでもできますよー!皆さんまだ生きていますからねー!」 と喝を入れます。 長年コーチをしていると分かるのですが、普通に注意しても右から左に聞き流されるので、ちょっとした皮肉入れると耳に入ります・・・(-.-) このように言葉のテクニックを入れながら指導することで脳の活性化もはかります。(ベテランの技)

CIMG5964.jpg

それはさておき、筋肉のコントロールで重要なのは力を入れる、抜くを運動しながら複数取り入れて行く事です。例えばモモを上げて歩く時、腹筋 背筋 胸筋 モモの筋に力を入れます、逆に手首 足首 肩の筋 顔の筋は力を抜きます。このように真逆の神経伝達を複数取り入れながら筋肉を動かして行く事に意味があると思います。(運動とは運動神経を鍛えるもの、筋肉の強さだけが全てではない) 更に質のいい運動をするには硬直しないよう(筋肉)力を抜く速さが求められてくると思います。

CIMG5960.jpg

運動神経がいい方は、この力を入れる抜くのコントロール処理が(脳)優れていて、一部の筋肉が60%の力を入れている最中、他の一部の筋肉は10%の力で抑えられている事が可能です。 

また、運動神経が鈍いと力を入れる抜くを複数処理できず、ほとんどの筋に力が入ります・・・。 特に年を取ると脳からの指令が単調になり(物事を同時に2個以上出来ない・・・) 脳が動けと命令すると関係ない筋肉まで力が入るので余計疲れます。

年を取って疲れが取れない方は「運動不足が原因だ」と言いますが、むなかたコーチ的に筋肉と筋力のコントロール不足のような気がします。  体を動かす事で力を入れる所と抜く所を意識しながら脳を訓練すると、(コントロール)疲れの取れ方も変わって来るのではないでしょうか。(疲れている方は、力を入れろという命令が強すぎる)

運動とは、ただ動かすだけでなく脳を鍛える(筋肉のコントロール)事を意識してやれば、きつい運動をしなくても効果が出て来るものだと考えます。 ただ忘れてほしくないのは筋肉を支配しているところは脳です、皆さんは筋肉に意識が行きがちですが脳が一番重要なものとしてトレーニングするといいでしょう。
にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

ハイヒールによる影響

足は体重による圧力を逃がすために素晴らしい構造をしています。 足にかかる体重を踵からやや後方に流し、足の根元では小さい骨がいっぱいあることで圧力を分散し、土踏まず(空間)があることで跳ね返す力を生み出します。そして、足の指はバランスが取りやすいよううまく配置されていて、惚れ惚れする形を生み出しています。

CIMG5954.jpg

本来、平らな所で歩くための構造になっていますが、ヒールの高い靴を履いてばっかりいると足の素晴らしい構造が崩れます・・・。 足の骨は小さい骨から大きい骨までたくさん存在しているので長い年月圧力を加え続けるとすぐに形が変化します。(ゆがむ) 

因みに頭は22の骨から形成されているので、足同様顔もゆがみやすくなっています。(形が変化する)

CIMG5953.jpg

顔は傾いた姿勢や、食べ方(右(左)ばかりで噛むなど・・・) などで歪みます。それを考えると体重が加わる足は、体重のかけ方や矯正された靴を履いただけでその構造が変わってもおかしくありません・・・。 
まずい事に、靴など人工的につくられたもので足が歪むと(外反母趾など) 自然な足の形を取り戻すことが難しくなります。 足に関し、長い年月をかけて崩れたものは長い年月をかけても元には戻らない事が多いです。(壊すのは簡単、元に戻す方が難しい)

CIMG5955.jpg

ほうきを下に押し付けると先端は外に広がります。足も同様五本の指は圧力がかかると広がってバランスを取ります。しかし、ヒールは先端が細くなっているので広がろうとしている指に対し縮めさせるように矯正をかけています。そうなると関節に負担がかかり、炎症が始まります・・・人間の脳はこれに対し関節を固定するよう働きかけ、炎症を止めにかかります。(ゆがんだ形で固まってしまう・・・) 

CIMG5957.jpg

CIMG5958.jpg

足は自然の法則にしたがっているだけなので、ハイヒールに合わせた形に形成するようプログラムします・・・。 その形成が完了してしまうと元には戻せません、顔の歪みを治せないのと一緒で手がつけられない状態になります。

しかも、歪み方が厄介で外反母趾プラス巻爪まで引き起こすので、きつい痛みに耐えなければなりません(足が歪むとその影響で爪も歪む)

CIMG5959.jpg

前に話した通り、拇指は上に向いています。それ以外の四本は下を向いているので、ハイヒールにより内側へ圧力を加えられると拇指だけが人差し指の上に乗り上げ、斜めの状態になります。 すると地面に接する面も斜めになるので(拇指の横側) 横からの圧力が加わり爪が内側へねじりこんでいきます。(巻爪)
結果、拇指が痛いため小指側で立ち、歩いても良いバランスが取れません。 すると余計な力が疲れとなり(体に歪みをつくる)腰や肩などの痛みを引き起こします・・・。
こうなると整体で筋肉の疲れを取り、バランスを良くしたところで足の骨が変形している以上、火元が消えない限り一生続きます・・・。
整体してもまた悪くなりますが、バランスを整えて行かないと悪いものが溜まるいっぽうで良くありません。血圧の薬でも一回飲み始めたら続けなければいけないのと一緒で、そうならないよう心掛ける必要があります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

外反母趾と爪

外反母趾は足の親指が内側に入り込む状態で、比較的多くの女性が苦しめられています・・・。 プールのコーチをしていた時などは、外反母趾はもちろん巻爪で悩んでいる方が二割ほどいました。 足は一番体重の影響を受けやすいところなので、歩き方が悪いと指の骨から爪までも変形することになります。 ただこれは骨が弱いとか病気からくるというより履いている靴に問題がありそうです。(これは後ほど)

CIMG5947.jpg

歩く時、足の重心移動は踵から外側を通って拇指側へ移動し、蹴って歩きます。 よく靴の外側の減りが激しいんだけど歩き方が悪いのかな? と聞かれますが体重移動の際、外側を通過するので外側の減りは誰にでもあります。当たり前の事なので心配する必要はありません。 問題は拇指側の減りがあるかないかが重要です。 歩き方の悪い人は最後、拇指側で蹴りません。 小指の外側で蹴るので拇指付近の減りがあまいようです・・・。(靴裏の減り)

CIMG5948.jpg

足の構造上、指はバランスを取るために下に向いていて(つかみやすい形) 唯一拇指だけが上を向いています。 これは歩く時、親指側で蹴りやすいように作られていると考えます。  
なので、人間は外側にバランスを崩した時4本の指で踏ん張り、進むときは親指側から蹴って歩くのが本当でしょう。(踏ん張る側で蹴らないで親指側で蹴るのが構造上正しい使い方)

CIMG5949.jpg

話しはとびますが、昔テレビで手をよく使う職人さん(ロッククライマーなど) の爪はどのような形になっているのか? という番組をやっていました。 
通常爪は丸まっているのですが職人さんの爪はなんと平らになっていました。内容は、指に圧力を加えていると爪が平らになるというのです。

CIMG5951.jpg

それを考えると足の爪にも同じ事が言えると思います。 足の親指の爪が平べったくなると地面をとらえやすくなりますし、巻き爪の問題が解消されるような気がします。 

悪い事に巻き爪になると地面に接する時痛みが走るので、拇指を浮かせて歩きます。 指に圧力が加わらないので、爪が丸まり肉に食い込んでいくでしょう・・・。 しかも親指側で蹴らずに足の外側で蹴るようになるので膝の痛みや腰の痛み、0脚など悪い連鎖が始まります。(連鎖が始まると悪い方、悪い方に進んでしまう・・・)

CIMG5952.jpg

巻き爪は深爪が原因とされてますが、歩き方にも問題があるのではないでしょうか? 勿論爪なので、ばい菌だったり栄養だったり内蔵の問題であったりするかもしれません。 ここでは外反母趾と歩き方、履物(靴)という視点で見て行きます。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします

上半身の姿勢

今回、水中ウオーキングで指導してきたことを書きたいと思います。 

水中では浮力により体重が軽くなりますが、その分重心をしっかり保たないとお尻が浮き、足が滑って進みづらくなります。 地面に足をうまくとらえる事で滑りをなくし、重心の取れた歩きを覚えて行きましょう。 これは水中だけでなく陸上でも役に立つので普段の歩きに生かしていただけたら幸いです。

CIMG5946.jpg

基本として姿勢が悪いと全てがうまくいきません。 スポーツ選手で強い方は体の重心バランスが完璧です。 なので、チョット体を動かしただけで大体の運動レベルが分かります。(動きにブレがない) 

では、まず頭からみて行きましょう。(細かいですが・・・) 首周りの筋肉が落ちて来ると頭が重力に負け下に下がります。 頭は下に下がる時、前に突き出しながら下がるので、顎が上がり始めたら首周りの筋肉が落ちてきていると思って下さい。(首が前に出る時顎が上がる・・・) また首が右、もしくは左に倒れた状態で頭が前に突き出ると、肩こり首の痛みシビレの原因となる可能性があるので注意が必要です。 首は比較的自由が利くので、右に倒れて左に向き、その状態で前に突き出すというふうに複雑な首の配置になっている人もいます。(無意識のうちに) 首から出ている神経はとても重要なので、その神経に影響をおよぼすような体勢をつくらないよう気をつけましょう。

CIMG5945.jpg

とにかく頭は前に出さずに体の上にのせて下さい。(首で繋がってなければ頭が転がっていきそうな方がいっぱいいます。) 

次に上体です。 まず胸を張って肩を下げます、その時腹筋を使いお腹をやや引っ込めて下さい。(お腹に力を入れる入れないとでは雲泥の差) 
背筋がなくなると背中が丸まり肺を圧迫します。 すると肺に酸素が入りづらくなるので脂肪を減らすのに必要な酸素量が少なくなります。ダイエットをしたいのであれば、日頃から胸を張ってしっかり肺で呼吸をして下さい。(ダイエットに結びつけて話すとみんな頑張る・・・) 
そして上半身の姿勢を保たせるには腹筋が大切です。 腹筋をゆるませると一気に背中が丸まり首が前に出ます。腹筋にただ力を入れるのでなく正しい姿勢を維持させるような力の入れ方をして下さい。(目的を持って筋肉をコントロールする) 

CIMG5944.jpg

上半身の胆は腹筋と首の位置にかかってきます・・・。 首が前に出ないよう腹筋を使って胸を張り頭を起こしましょう。筋肉を使わない所に脂肪が乗っかるので下っ腹と背中、首の根元(後側)、顎の下には注意しましょう。(痛いな~と思う所を良く知っているむなかたコーチなのだ・・・)
にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
むなかたコーチの日常や出来事、整体師としての考えを紹介しています。
もしかしたら皆さんにお役に立てる内容が書いてあるかも・・・(´▽`)
日々精進していくむなかたコーチを軽い気持ちでご覧下さい(*‘∀‘)

(整体の記事はむなかたコーチの個人的な考えなので科学的に証明されたものではありません)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR