FC2ブログ

走り幅跳び

ジャンプは膝を曲げて伸ばす力を利用して跳びます。(当たり前です)

走り幅跳びでも膝を曲げて跳ぶ動作をしますが(跳ぶからには必ずやる)皆さんはどうやって跳んでいるか分かりますか?

きっと走って跳ぶ時に(瞬間)膝を曲げてジャンプすると思っているでしょう・・・。

DSCF9408.jpg

最後の踏み切りで膝を曲げるとその動作は一旦沈み込む形になります。

すると走ってきたスピードが膝を曲げ沈み込むことで助走エネルギーが下へ向かいます・・・。

その助走エネルギーを一気に高さへと変換させるには驚異的なバネが必要になります。

(因みに高さへの変換が出来ず跳ぶことが出来なかったことを「つぶれる」といいます)

DSCF9405.jpg

9割近いスピードを殺さずにジャンプするにはどうすればいいのでしょう・・・?

(ジャンプするには膝を曲げなければなりません・・・)

ここからがテクニックです。

DSCF9406.jpg

実のところ膝を曲げる動作は踏み切る時ではなくその一歩手前で行っているのです。

エッ・・・?と思うでしょう・・・。

踏み切る時に膝を曲げてすぐジャンプでは高さへの変換が処理しきれません。

スピードを殺さずに跳ぶには助走のラスト3歩を使って高さへと変換しているのです!

更に踏み切る時は膝を伸ばして踏み切っています!

何故かというと助走エネルギーを足から頭の上へ吹っ飛ばすイメージでやっているからです。

膝が曲がっているとそこからエネルギーが漏れるので(つぶれる)助走エネルギーを体全体に伝えるには棒のように真っ直ぐなる必要があるのです。

DSCF9407.jpg

このラスト3歩は助走の歩幅をやや小さくし回転数を上げ更に加速するように1,2,3と跳びます。

これが遅いと高さへの変換が弱まり遠くへ跳べません。

加速し(回転数を上げる)2で沈み込む動作(膝を曲げる)を入れるのは高等技術です。

難しいのは膝を曲げすぎると踏み切りの前でつぶれてしまうので加減が必要になってくるのです。

やる事は一瞬ですが1歩で高さの変換をするより3歩余裕がある方が負担がなくなりスピードを活かすことが出来ます!(脚力の幅が広がる)

走り幅跳びを見て最後何かやってるな・・・?と思ったらこれをやっているので是非見て下さい。(オリンピックは終わりましたが・・・)

また着地にもテクニックがあるのですが皆さんは幅跳びをしないと思うので終わりにします・・・(´ー`)(挑戦したい方は試してみて下さい)

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーですよ~自由に入れて下さい。
スポンサーサイト



陸上競技

オリンピック後半です(*'▽')

むなかたコーチは学生時代陸上部でした。

種目は走り幅跳びで小学生の時は4m70を跳んだ記憶があります。

今回オリンピックの走り幅跳びを見ましたがずいぶんレベルが下がったように思います・・・(残念)

陸上はただ跳んだり走ったりする単純なスポーツと思うでしょうが人の上をいくには単純なものほど難しいです。

どのスポーツでも技術がありむなかたコーチがやっていた走り幅跳びでも遠くへ跳ぶ技術があります。

パワーさえあれば勝てるわけではなく限界を超えるテクニックがあるのでそれを紹介したいと思います。

DSCF9404.jpg

まず助走ですが長く距離を取ってしまうと疲れてしまうので跳ぶ力がなくなります・・・人それぞれですがだいたい17歩前後が妥当でしょう。

助走は徐々にスピードを上げて7~8割で走りますそして踏み切る瞬間9割~10割になるようにしましょう。

全力で助走しないの?と思いますが踏み切る瞬間にパワーを最大限使うので余力を残すためのも8割助走が妥当です。(リズムよく助走)

DSCF9403.jpg

跳ぶ時ですが踏み切る角度が重要です。

踏み切る角度が後ろにいけばいくほど高く上がり前にいけばいくほど低空になります。(高さを競う走り高跳びはかなり後ろの角度です)

自分の助走スピードと脚力を考えてどの角度がベストの跳躍に繋がるか考えましょう。

DSCF9402.jpg

スピードを殺さず高さを出せれば遠くへ飛ぶことが出来ます(∩´∀`)∩

しかし高さにパワーを使ってもダメ、スピードにパワーを使ってもダメ、その中間をさぐりあてる事が一つの技術です。

そして皆さんが思っていることは速く走れる人が一番遠くへ跳べると思っていることでしょう。

あながち間違えではありませんがスピードを高さに変換する作業がとても難しいのです・・・。

例えば車が走りながらドリフトせずカクンと曲がるようなもので、急激な方向転換(変化)は速く走れば走るほど難しくなります。

DSCF9400.jpg

走り幅跳びで速いスピードで踏み切るとどうなるのでしょう・・・

スピードのエネルギーが高さへ変換出来ずに膝からカクンとつぶれるように抜けてしまいます。(膝カックンみたいになる)

なので走り幅跳びは速いスピードをいかに高さへと変換できるかがカギとなってくるのです。

ではその変換のカギとなっているのは何かというと脚力にあります。

いくらスピードがあっても自分がもっている脚力分しか処理できないとなると6割で走っても10割で走っても跳べる距離は脚力分しかならないのです。(変わらない)

因みにむなかたコーチは学生時代7歩助走で6メートル跳んでいました。(∩´∀`)∩逆を言えばスピードがなくても脚力分はすぐに引き出せることになります。(スピードがないと高さへの変換が楽)

DSCF9401.jpg

つまり水が(スピード)いっぱいあっても器(脚力)が小さければそれを受け入れるだけの能力分しか出せないという事になります。

・・・しかし・・・

その常識をひっくり返すのが技術なのです!!

あるのです!!

9~10割のスピードを高さへと変換するやり方が!!(むなかたコーチが高校時代これを知っていれば人生が変わっていたかも・・・)

    つづく

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーですよ~自由に入れて下さい。

山の日

山の日~

DSCF9358.jpg

安達太良山~

DSCF9357.jpg

登った~

DSCF9361.jpg

てっぺん~

DSCF9362.jpg

きれい~

DSCF9366.jpg

下りた~

DSCF9383.jpg

渓流~

DSCF9394.jpg

オーブ~

DSCF9385.jpg

疲れた~

DSCF9382.jpg

帰った。


にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーですよ~自由に入れて下さい。

蓄積型熱中症

暑くなってきました・・・

最近整体で肩から首にかけて凝って来られる方が多く見られます・・・。

体に熱がたまると肩がキューっとなる反応が人間にはあるのでしょうか?

今回はちょっと厳しかったお話しをします・・・(-_-;)

DSCF9354.jpg

最近珍しくボウリング仲間のおじちゃんが整体院に来てくれました。

最初腕が痛くなったとの事で病院へ行き注射を打ってもらったところ次の日には腕が上がらなくなったようです・・・。

状態は最悪でちょっと動かすだけで痛みが走り自分の腕の重みでさえ苦しい状態でした・・・。Σ(・ω・ノ)ノ!

腕が楽な位置を何とか探しそれをキープしながら触ると痛んでいる所はほんの一部で後は問題ないように感じました・・・。

本来痛み止めを打ってもらい腕が逆に動かなくなる(悪くなる)ことは聞いた事がありません・・・。(体がそんな反応をするとは・・・)

DSCF9356.jpg

変な違和感を感じましたが患部はどうしようもないので腕に関連する部分をほぐし疲れを取る事にしようと思いました・・・。

するとしばらくして気持ち悪さを訴え「胸がむかむかする」「血圧が上がってきた気がする」と言って来ました。

これ以上は何もできないと判断し施術を中断、楽な姿勢で休んでもらいました・・・。

DSCF9352.jpg

血流が良くなって具合が悪くなる反応をするのはおかしいと思いピーンときたのが熱中症でした。(何となくそう思った)

部屋の温度を下げ水分を取ってもらいました。疲れが出ていたのでそのまま寝かし(あっという間に寝た・・・)むなかたコーチは氷を買いに行きました。

DSCF9353.jpg

腕を楽な状態にして首を冷やし40分くらい寝ていました。

かなり疲れていたようでぐっすりです。

DSCF9355.jpg

起きた時にはかなりスッキリしたようで安心しました。(腕の痛みはまだある)

話しを聞くとお孫さんが来てなかなか寝られなくこの暑さの中仕事をしてきたようです。(腕の痛みもあり寝不足がつづく)

今回むなかたコーチが思った事ですが、熱中症はその時その条件でおきるだけでなく熱が放出されずに日々コツコツ積み重ねたものが何かの条件で急に発症する事もあるんだな・・・そう感じました。

寝不足と暑い中の仕事(肩の痛み)がたまり、血流が良くなる事で体温が急上昇・・・結果熱中症みたいになりました・・・。(血圧の関係も)

皆さんもこの蓄積型熱中症に注意して下さい。今日この天気だから大丈夫、というわけではありません・・・(-_-;)

因みにこのおじちゃんは明日も仕事に行くと言ってました・・・。(休まないと肩も治らないし体が壊れる・・・)

かなり心配です(-_-;)

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーですよ~自由に入れて下さい。
プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
むなかたコーチの日常や出来事、整体師としての考えを紹介しています。
もしかしたら皆さんにお役に立てる内容が書いてあるかも・・・(´▽`)
日々精進していくむなかたコーチを軽い気持ちでご覧下さい(*‘∀‘)

(整体の記事はむなかたコーチの個人的な考えなので科学的に証明されたものではありません)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR