FC2ブログ

白筋、赤筋、筋肉痛

筋肉に混ざり合っている白筋、赤筋は性質が違う事をお話ししました。

白筋は瞬発力に優れているのでどちらかというと縮んで固くなる性質が強くあると思います。(強い収縮力はパワーを生み出す)

赤筋は持久力に優れているので血液を供給しやすくするために伸びやすい性質が備わっていると思います。

たぶんですが肺に吸気呼気があるように筋肉にも白筋赤筋の関係は吸気呼気の間柄にあるとむなかたコーチは考えます。

DSCF9444.jpg

今回は筋肉痛の痛みを白筋赤筋の関係に当てはめてみようと思います。

体を動かす時、筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返しています。

激しい動きになると筋肉は強い収縮を求められます。

DSCF9436.jpg
   (イメージ画像)

筋肉に強い力が加わると(瞬間的に)収縮が得意な白筋は一気に縮んで力を発揮しますが、伸びる能力が優れている赤筋はこの収縮についていけません・・・。

DSCF9471.jpg

更に運動で縮んだ筋肉を伸ばす動きをした場合白筋は赤筋の動きについて行けません・・・。(赤筋の方が伸びる率が高い)

この関係を見るとお互い邪魔をしているように思えますが、逆に考えれば縮みすぎを抑えたり伸びすぎを抑えたりお互いが常に行き過ぎを抑えるブレーキ役になっていると考えられます。

ただ強い伸び縮を続けると白筋と赤筋の接合部が炎症を起こし(筋肉の炎症はこれだと考える)接合部を破壊する事になります・・・。

もし筋肉が一種類の筋肉だったら筋繊維は同じ動きをするので引っ張り合いがおきず炎症が抑えられるでしょうが、ただ伸びすぎや縮みすぎによる筋肉の怪我がおきやすくなると思うので白筋と赤筋の存在は大きいでしょう。

一般的な常識から離れたむなかたコーチの考えですが筋肉痛の痛みは白筋と赤筋の抑制(お互い)による接合部の炎症だと考えています。
   
  つづく

にほんブログ村

人気ブログランキングへ
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーですよ~自由に入れて下さい。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
むなかたコーチの日常や出来事、整体師としての考えを紹介しています。
もしかしたら皆さんにお役に立てる内容が書いてあるかも・・・(´▽`)
日々精進していくむなかたコーチを軽い気持ちでご覧下さい(*‘∀‘)

(整体の記事はむなかたコーチの個人的な考えなので科学的に証明されたものではありません)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR