FC2ブログ

痛み・神経・治す

テレビなどで腰の痛みの解決策をいろいろ話していた番組を見ました。

テレビを見ると世間の流れやトップの人間が一般の人をどっちに誘導させたいかが見えて来るものです。

海外の戦争を舞台にした映画などは主人公のセリフで「戦いに犠牲はつきもの!!」と自己犠牲を勲章のように称え、そのような時迷いなく行動させる状況を植え付けます。(最近この一言が多い・・・何か起こる前ぶれか・・・?)

腰痛肩こり関係では「まずお医者さんに行きましょう」というセリフです。

勿論大変な病気が隠されているかもしれないので行った方がいいのですが、9割の方は痛み止めと湿布と病名をもらって帰る事になります・・・(触れる事すらしません)

1割の大変な病気の方を餌に(悪い言い方ですみません)9割を来院させお薬を買ってもらいます。

全員治してくれればいいのですが、行ったら行ったで「休養して下さい」なのでがっかりしたお客さんが整体院によく来ます・・・。

最近感じる事は、お医者さんの対応が悪いせいか「ここでは腰痛肩こりは治らない・・・」と感じた方が増えてきている気がします。(いろいろな情報が入るようになって気がつく人が出てきた)

DSCF9706.jpg

とは言えやはり世間の流れはお医者さんです。

難関を突破した先生の権威にパッパラパーのむなかたコーチでは相手にされません・・・。(´ー`)

むなかたコーチが「痛みを治すのには筋肉の状態を改善しないといけない」と叫んでも皆さんには聞き入れてもらえないでしょう・・・(痛みをとった実績を増やしたとても・・・)

テレビを見ても「恋をすれば痛みが取れる」とか「脳にこう言い聞かせれば・・・」など神経を他に向けさせて痛みをごまかすような事しか言いません・・・。

薬も神経を麻痺させるものなので、権威のある方は痛みの神経をどう切るかしか考えていないのです・・・。

「痛みは神経の問題」へと持って行けばそれを抑えるのは薬しかなくなります。(薬を買ってもらうため世間の流れを神経に集中させたい)

DSCF9705.jpg

また、痛みがなくなると「治った」と考える世間の流れもどうにかしなければいけません・・・。

「痛みを感じなければいい」だから先生方は痛みを出す神経を麻痺させることに力を注ぎます。

しかしむなかたコーチは体の隅々を触れながら十数年施術してきたので、痛みを引き起こす悪い筋肉が確実に存在しているのが分かるのです。(その筋肉が良くなると痛みも消える)

体に触れない方はそれが分からないので神経に目を奪われるのですが、神経は筋肉の情報を脳に伝える回線なだけなので、そこをいくら攻撃しても情報をすり替える事は出来ないのです・・・。(神経は素直に情報を送っているだけ)

つまり攻撃する相手を間違えているのです・・・。(神経は元々正常なので、正常な所を攻撃しても良い事はない)

なので神経を麻痺させて痛みがなくなったとしても痛みの原因である悪い筋肉は着実に成長することでしょう・・・。(痛みがなくても治ったとは言えない)

DSCF9707.jpg

(´ー`) 

これも時代の流れですかね・・・どこでも技術職は必要とされなくなって来ています・・・。

電化製品は修理するくらいなら新しいのを買い替えた方がお得になっていますし、腰痛肩こりもお薬・安静が一番という流れになってきてますし・・・。(整体はあやしいとまで・・・)

確かに自分の体をあずけるなら能力の高い方や権威のある方を選びます・・・。(むなかたコーチは選んでくれないな・・・(´ー`))

その方がお薬と言えば疑う事もなく受け入れるでしょう・・・。

お薬は大金を生む市場なのでトップは世間をそのような流れに持って行く必要がありそれを修正する事はありません。(ここまで来ると治る治らないは関係ない)

一人一人痛みに対しての理解が変わればそれに悩んでいる人も少なくなるのでは・・・しかしそれはもっと先の話になりそうです。

むなかたコーチによるカッコいい格言

「大金が動く所に心はなく万人ではない」 (万人に対応出来る技術を持った人が増える事を願います)
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーです(´ー`)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
ここでは私の頭の中と言う事で、整体師むなかたコーチの考えを軽~い気持ちで楽しんで頂き、また皆様の健康のお役に立てれば!!と言う強い気持ちのもと日々精進していくむなかたコーチを描いていくものである。

(なを、むなかたコーチの考えなので科学的に証明されたものではありません。)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR