FC2ブログ

甲子園

高校野球茨城は土浦日大が31年ぶりの甲子園だったそうです。

1回戦ですぐに負けてしまいましたがよくここまで来れたものです     (∩´∀`)∩

むなかたコーチも実は土浦日大(スポーツクラス)出身なので母校の活躍は嬉しく思います。

DSCF9900.jpg

野球部は全寮制で、通える範囲の子でもみんな合宿生活です・・・(゚Д゚;)

私立で全寮でスポーツクラスなのに30年以上も甲子園に出場出来ない事自体おかしな話ですが、生徒だったむなかたコーチは分かるのです・・・(´ー`)

DSCF9907.jpg

当時、むなかたコーチはスポーツに力を入れていたクラスに入っていたので授業以外は練習です・・・。(-_-;)

特に野球部は寮生活なので朝から晩まで野球漬けで授業中は皆寝ていました・・・。

先生方も大変な事は知っているので黙認しているのですが、スポーツ顧問の先生は双眼鏡で授業を監視したり見回っていたので呼び出しをくらって殴られていたものです・・・(;_;)/~~~(それでも寝ている・・・)

DSCF9910.jpg

むなかたコーチはというと陸上部で昼休みになると体育館にあるロープ登りをさせられていました・・・。

昼はご飯を食べるのが普通ですが、その前の休み時間にご飯を食べ終え昼休みを練習にあてる毎日です(´ー`)

今思うとロープ登りで陸上が強くなるわけでもなく、ただロープ登りがうまくなるだけで科学的な事はやっていなかったように感じます。

このように昔の先生方はきつい状態をつくり出し暇をあたえない事が強さに繋がると考えていたようです。(管理したい)

とにかく野球部は疲れが修復される前にきつい練習をする毎日なので、その習慣が日常化され体を壊す負の連鎖を断ち切れない生活を送り誰一人それに気付く方はいませんでした。(それのみを淡々と繰り返す)

ここまで来ると試合に勝つ練習ではなく、先生の管理したいという自己満足で辛い練習を生徒に押し付けているように思いました・・・。(辛い練習は最高の指導!)

DSCF9912.jpg

今でもスポーツの漫画を見ると「練習を倍増やして強くなってやる!!」みたな事を言って超強くなって帰ってくるのがありますが、現実は練習量を増やしても強くなりません。

「鍛える」は筋繊維の破壊と収縮能力を高める(固くなる)だけなので、パホーマンスを上げる事には繋がらないのです。

本来はそこに筋繊維の修復と筋肉を伸ばす能力、体幹のバランスが加わるとで能力を発揮できるのですが、先生方は辛い練習以外はなまけているように見えるので子供たちのリラックスしている姿はなめているとしか感じないのです。

とにかく練習したらそれ以上にケアしなくてはいけません。

激しいトレーニングは自分一人では修復が追いつかないので整体など他人の力を借りてケアしないとトップ選手にはなれないでしょう。

現に県立の藤代高校は私立の土浦日大より甲子園に行っているので練習量が比例するわけではありません。

先生方も強くなるシステムをもう一度見直して活躍できる人材を生み出してほしいです。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーです(´ー`)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
ここでは私の頭の中と言う事で、整体師むなかたコーチの考えを軽~い気持ちで楽しんで頂き、また皆様の健康のお役に立てれば!!と言う強い気持ちのもと日々精進していくむなかたコーチを描いていくものである。

(なを、むなかたコーチの考えなので科学的に証明されたものではありません。)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR