FC2ブログ

ルールと美学

お相撲界が荒れてますね・・・

むなかたコーチが意見するのも何ですが、一部の意見としてお話しします。

整体の仕事にも通じているのですが物事の本質を見失うと迷走して答えが出なかったりするものです。

逆に物事の根っこを知る事で簡単に解決したりします。(整体でも本質を考えながら追究している)

DSCF0125.jpg

問題の一つとして横綱の張り手やかちあげを良しとしない所です。

白鵬はこれをよくやるようですが、年齢的にも厳しくやらないと負けてしまうのでしょう・・・。

とくに海外の人はお金を稼ぎに来ているので負けないための相撲に変化していくのは当然の事です。(´ー`)

ルール上問題ない事ですが、意見が分かれます。

「横綱として美しくない」

「ルールにのっとっていれば勝てる事をするのは当然」

ややこしいですね・・・

スポーツは何でもそうですが、だいたい暗黙のルールが存在します。

そしてその暗黙のルールには心が隠されているものです。

DSCF0126.jpg

たぶんお相撲が始まったばかり時は今の白鵬のように勝つためなら何でもやるお相撲さんばかりだったと思います。

でもいつの時代かどなたか分かりませんが、横綱になった自分の相撲に疑問を抱くようになった方がいたのかもしれません。

(むなかたコーチの想像)

「横綱の俺がこんな勝ち方で満足していいのだろうか・・・」

「皆と同じ取り組みで偉大な横綱と言えるのだろうか・・・」

「目標となる横綱の戦い方はこれでいいのだろうか・・・」

「誰もが認める最強の横綱をどう示せばいいのだろうか・・・」

彼はただ勝つ事に疑問を持ち勝ち方の美学を追求する事になる・・・   (゚Д゚;)

そして彼は行きつく・・・

「横綱の俺は小手先の技はしない!俺にかかってくる奴らを正面から受け止め力と技でねじ伏せる!」

「これが皆に示す最強の横綱の証だ!!」

彼は自分に縛りを科す事で強さの証明を知らしめる・・・それがいつしか美学へと変わっていくのだ・・・。( ;∀;)

DSCF0128.jpg

その横綱の相撲の変化に皆が気付いたこは言うまでもない・・・(゚Д゚;)(美学に気づきその美しさは人に感動を与える)

横綱の姿に心を動かされ憧れを持った力士達は彼を目標にその意志を世代を超えて受け継いでいく・・・(横綱の心に打たれた力士達は偉大な横綱に対しかちあげ張り手をせず真正面からぶつかる事を美学とした)

おわり

っと、言う事で・・・(そんなことがあったかも)暗黙のルールは過去の英雄から引き継がれた大切な心なのである(美学)

横綱は張り手かち上げをしてはいけないルールにしたらいいと言う人もいますが、むなかたコーチは反対です。

美学はルール化しないからこそ過去の偉大な横綱の存在が浮かび上がるのです。(ルール化は偉大な横綱の存在を消す事になる)

皆がやれない事を自分に課すから美学なのであって強要するものではありません。

自分の意思でやるから美学なのです(´▽`)

やりたい人はやらせておけばいいのです、やればやるほどその弱さを見せつける事になりそれを受け継ぐ人はいないでしょう・・・。

勝ちと金の執着は美しさを生まないものです・・・

それを考えれば日本の力士は過去の横綱の意志をしっかり継いでいるのではないでしょうか?(勝ち負けより美学を貫くほうが美しい)

むなかたコーチによるカッコいい格言
「横綱の意志を引き継いでこそ横綱」
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーです(´ー`)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
ここでは私の頭の中と言う事で、整体師むなかたコーチの考えを軽~い気持ちで楽しんで頂き、また皆様の健康のお役に立てれば!!と言う強い気持ちのもと日々精進していくむなかたコーチを描いていくものである。

(なを、むなかたコーチの考えなので科学的に証明されたものではありません。)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR