FC2ブログ

地味なトレーニング勇気をもって

むなかたコーチは週に一回ボウリングのプロをみています(整体)

シードプロで大会では常に上位なのですが、優勝となると今一歩になります・・・。

ハードなトレーニングや体のメンテナンスなど他のプロでもやらないような事をこなしているのですが、結果が伴いません・・・。

逆にあまりトレーニングしていないような体型の人が優勝しています・・・。(強い)

DSCF0167.jpg

人より頑張っている人が勝ってほしいのですが、この世は良い人でも悪い人でも地球上の法則を理解した人が結果を操れます。

私がみているプロはハードなトレーニングがボウリングに結びついていない所があるようです。

むなかたコーチはそのハードなトレーニングで壊れた体を修正するのが役割ですが、整体の効果もあり筋肉の状態は悪くありません。

いつ優勝してもいい条件ではありますが、なぜ勝てないのでしょう・・・?

考えた結果一つ見つかりました。

DSCF0166.jpg

そのプロはジョギングやウエイトトレーニング食事を頑張っています。

投げる時の最後の蹴りを強化したり、長いゲームに備えた体力強化、ボールを軽く感じる為の筋力とバランス、条件はバッチリなのですが一個足りてません・・・。

単純な事ですが「歩く」です。

人はハードなトレーニングをするために走ります。

しかしジョギングや走りはどうしても爪先重心になり、どちらかというと肺や体力の強化の練習になります・・・。

逆に歩くは踵に重心が乗り体の軸を鍛えられます!

DSCF0164.jpg

ボウリングのトレーニングはどうしても最後の「投げ」を練習しそれの強化を考えがちですが、考えてみて下さい投げは「1回」です。

しかしその前の助走は最低「4歩」歩きます。

どちらが大切かというと動作の多い「歩く」が重要ではないでしょうか?

ボールに体が振られないで歩く軸の強化そしてテンポがそのプロに足りていない・・・そう感じました・・・。

残念な事にジョギングで軸を前にしてしまったトレーニングが歩くに必要な踵重心を壊してしまったのです・・・。

いくら投げで使う蹴りを強化しても、それを抑える軸(踵)がしっかりしていなければ安定感が失われ蹴りを最大限生かしきれません。(宝の持ち腐れ)

DSCF0169.jpg

ゴルフでもそうです。

下手な歩きをして軸を壊したり変な所の筋肉が緊張してしまっていたら次のショットに影響が出るはずです。

歩く打つの繰り返しのゴルフは「打つ」練習よりショットに影響が出ない歩きを極めた方が強くなれると思います。(もしむなかたコーチがゴルフのコーチなら歩く練習をいっぱいさせます)

しかし地味に歩くのは疲れないし練習をやった気になれません・・・。

ハードなトレーニングは強くなった気がしますし、これだけやった!という自信がメンタル(心の強さ)にも繋がるので、方向性を変える事は出来ないでしょう。(スポーツ選手が陥りやすくやめられない)

ハードトレーニングは安心感を生み出しますが、ほとんどのスポーツ選手は安心感の為に目的に合っていない練習をがむしゃらにこなします・・・。(必要のない無駄な練習)

スポーツは理屈を考え自分に必要な事を的確にこなす人が結果を生み出すのです。

練習も自分を信じて地味な練習を勇気をもってやらなければいけないのです・・・。

トレーニングはプラスだけではなくマイナスもまじり合っているので、この練習はこれは強化できるがこれは失われるといった事実をすべて理解する事が成功のカギでしょう・・・。


むなかたコーチによるカッコいい格言
「これをやれば健康になる、これをやれば強くなるではない!鍛える事で生じるプラス・マイナスを理解する人がすべてを制する」
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
むなかたコーチの整体院です
気導整体院零
茨城県竜ケ崎市小柴1-3-6
℡ 0297-65-7166
よろしくお願いします
リンクはフリーです(´ー`)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

むなかたコーチ

Author:むなかたコーチ
ここでは私の頭の中と言う事で、整体師むなかたコーチの考えを軽~い気持ちで楽しんで頂き、また皆様の健康のお役に立てれば!!と言う強い気持ちのもと日々精進していくむなかたコーチを描いていくものである。

(なを、むなかたコーチの考えなので科学的に証明されたものではありません。)

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR